• 2012.01.02 Monday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気ブログランキングに投票お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログ村に投票お願いします!

Rush Ball'08 総括1日目!
2006年以来2度目のRush Ballに行って参りました。
キッズ率高しのゴリゴリロックフェスなので、正直年齢的に微妙かな…と思いましたが、今年から2日間開催&10周年&やはり粒ぞろいのメンツに惹かれて2日共参戦しました。

のんびり準備して車で行ったら何度か事故渋滞に巻きこまれ、結局11時過ぎに到着し、会場入りしたら丁度メインステージのトップバッター、Hawaiian6がABBAのSEと共にスタートしてしまいました。。あいにくの雨模様だった8/30の泉大津ですが、雨足は弱く気温は低かったので過ごしやすかったのですが、下が既にドロドロの状態で油断すると水たまりが…という歩くのに少し疲れる状況でした。とりあえずシートエリアになんとかスペースを確保し、グッズ散策等を行ったあと、丁度Hawaiian6が終了。

とりあえず飯を食いながらまったりと小谷美紗子を観ました。先ほどのHawaiian6の時と比べて圧倒的に人が少なくてちょっと悲しい空気でしたが、そんなアウェーな空気を如実に本人も感じ取っていたいたようで、しきりに「ゴリゴリなフェス」なのを強調してました(笑)。

■eastern youth

恥ずかしながら初の生イースタンということで気合を入れてスタンディングエリアで観戦。本人たちによるチューニングの後、吉野氏「やっていいってよ」の一言でライブがスタート!

eastern youth

新しめの曲を演ると思いきや、挨拶代りと言わんばかりに「砂塵の彼方へ」、「夏の日の午後」、「青すぎる空」と名曲3連発!吉野氏の立川談志師匠のものまね等、10代〜20代のキッズは頭の中が?であったであろうMCもさすがの一言。途中からMCで声が出ず、ジェスチャーに切り替え、「また一から出直すわ」と言ってましたが、最後の「荒野に進路を取れ」で残る力を振り絞って絶唱して終了。短かったですが、非常に濃密で陶酔できた35分間でした。

イースタンを見た後は、RIZEがNAKAが脱退後、サポートを入れない3人編成で熱演しましたが、個人的には"ピンクスパイダー"が聴けて良かったです。最後は"Heiwa"で憲法9条の重要性を若者に訴えていたのが印象的でした。

次はLow IQ 01 & Master Low。相変わらずあまり好きになれませんでした…なんかイケすかないというか。

次はRush Ballのほぼレギュラーと言っていい、the band apart
相変わらず終始安定したパフォーマンスで落ち着いてみれるいいライブでした。

■Dragon Ash

始まる前から明らかにスタンディングエリアに集まる人の数が違っていて、相変わらずの人気ぶりには驚きました。2年前もこのRush Ballで観ましたが、新曲が増えただけでその時とほとんど変わらないけど、観ている者を飽きさせない鉄板のようなライブでした。

Dragon Ash

登場も前と同様"静かなる日々の階段を"からのスロースタート。終盤の"fantasista"ではオーディエンスも完全にブレイク状態。「ミクスチャー・ロックは好きですか〜?」のkjのMCにちょっとニンマリしてしまいました。
最後も2年前と同じ"Life Goes On"で締め。大舞台の経験豊富な彼等には35分はやっぱり短すぎでしたが、
うまくまとめるあたりはさすがだな〜と感心してしまうライブでした。

1.静かなる日々の階段を
2.For Divers Area
3.Ivory
4.Velvet Touch
5.La Bamba
6.Fantasista
7.Life Goes On


■KEN YOKOYAMA

かれこれ11,2年前からのハイスタ信者で、BBQ CHICKENS→KENさんのソロもずっと継続して聴き続けている私ですが、まだこれまで1回もKENさんのライブを観たことがありませんでした。という事で初日最も楽しみにしていたKEN YOKOYAMAの登場!

ken yokoyama

とにかく瞬間風速が半端ない楽曲の連続に至る所でモッシュサークルやダッシュサークルが大量発生!止まってると吹っ飛ばされて死んでしまいそうなのでとにかく必死でモッシュモッシュ!歳がいもなく35分間も暴れ続けると死んでしまう。。と思っていたのですが、ところどころ入るサージと健さんの漫談に救われました(笑)

「ここは大阪だけどAir Jamみたいだね…」というMCには誰しもがニンマリしたでしょう。まさにハイスタを中心にした90年代のインディーズ・ムーブメントの集大成でしたから!あ〜青春。

美しい夕焼けの中のMCで健さん始めオーディエンスの心が癒された後は、"Running On The Winding Road","How Many More Times","Believer"ととにかく沸点MAX越えの号泣チューン炸裂しまくりでした。MCが長すぎてスタッフやサージに注意されていた健さんでしたが、締めるところはきちんと締めるあたりはさすが!思わず全員が笑顔になるようなそんなライブになりました。

■銀杏BOYZ

こちらも初めてライブで観ることになった銀杏BOYZ。
登場するなり峯田は短パン、長髪、そして口髭まで生やしてもはや浮浪者のような容姿。。そして「人間」をアカペラで熱唱。峯田の圧倒的なパフォーマンスにとにかく衝撃度がデカかったです。いわゆる「青春パンク」な厨房バンドとは一線を画す本物のパフォーマンスは驚異的でした。

"SKOOL KILL"では悶絶の嵐を繰り広げ、かの名曲"銀河鉄道の夜"の続編の第2章も披露。最後はこれまた名曲"BABY BABY"で締めくくりました。

銀杏BOYZ

ライブの最後に峯田は生声で「ありがとう」と叫びましたが、後ろの方にいる自分のところまでも聞こえました。2004年のフジでサンボマスターを観た時以来、久しぶりに心の中が訳分らんけど熱くなるようなライブを見た気がします。今度はフルサイズで観たい!

1.人間
2.SKOOL KILL
3.銀河鉄道の夜 第2章
4.あいどんわなだい
5.BABY BABY


■BRAHMAN

35分間で15曲…最初から最後まで全力疾走でこれでもかと楽曲を新旧織り交ぜてオーディエンスに叩きつけたライブでした。とにかく曲と曲の合間に切れ目がなく、勿論MCもなし。"ANSWER FOR..."〜"PLACEBO"ではTOSHI-LOWが客席に降りて熱唱し、オーディエンスと一体になろうとする姿勢も見せてくれました。

BRAHMAN

とにかく全力投球のライブで、圧倒されまくりの1日目のフィナーレとなりました。

1.FOR ONE'S LIFE
2.Speculation
3.epigrum
4.GOIN' DOWN
5.THE VOID
6.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
7.BASIS
8.CAUSATION
9.A WHITE DEEP MORNING
10.BEYOND THE MOUNTAIN
11.DEEP
12.SEE OFF
13.ANSWER FOR...
14.PLACEBO
15.THE ONLY WAY

人気ブログランキングに投票お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログ村に投票お願いします!

  • 2012.01.02 Monday
  • 23:26
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

人気ブログランキングに投票お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログ村に投票お願いします!

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://soundsystem.jugem.jp/trackback/343
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
twitter
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
Live Schedule

2011
2011/1/31
My Chemical Romance
@ZEPP OSAKA


2011/2/16
Foals / Holy Fuck
@心斎橋クラブクアトロ

2011/7/16-7/17
NANO MUGEN FESTIVAL 2011
@横浜アリーナ

2011/7/29-31
FUJI ROCK FESTIVAL'11
@苗場スキー場

2011/8/13-14
SUMMERSONIC'11 OSAKA
@舞洲サマーソニック特設会場


2011/10/18
Limp Bizkit
@Namba Hatch


2011/11/12
HiGE
@BIG CAT

2011/11/18
ATARI TEENAGE RIOT
@大阪FAN J TWICE

2010
2010/1/9
MUSE
@大阪城ホール


2010/1/15
Yeah Yeah Yeahs
@心斎橋クラブクアトロ

2010/4/3
Punkspring'10
@Zepp Osaka


2010/6/3
These New Puritans
@心斎橋SOMA


2010/6/11
MIKA
@なんばハッチ


2010/7/30-8/1
FUJI ROCK FESTIVAL'10
@苗場スキー場


2010/8/7
SUMMERSONIC'10 TOKYO
@CHIBA MARINE STADIUM & MAKUHARI MESSE


2010/8/29
RUSH BALL'10
@泉大津フェニックス

2010/10/15
HiGE
@Namba Hatch


2010/11/15
The Flaming Lips / Mew
@Namba Hatch


2009
2009/1/8
Late Of The Pier
@心斎橋CLUB QUATTRO


2009/1/9
Stars
@心斎橋CLUB QUATTRO


2009/2/1
Primal Scream
@Zepp Osaka

2009/2/24
Travis
@Zepp Osaka


2009/3/21
The Birthday
@ZEPP OSAKA

2009/7/24-26
FUJI ROCK FESTIVAL'09
@苗場スキー場

2009/8/7-9
Summersonic'09 Osaka
@舞洲サマーソニック特設会場

2009/8/13
Limp Bizkit
@Zepp Osaka

2009/12/16
THEE SCENE -LAST HEAVEN 031011-
@BIG CAT


2008
2008/2/7
Rage Against The Machine
@大阪城ホール


2008/3/4
Ian Brown
@BIG CAT


2008/3/5
Broken Social Scene / Stars
@心斎橋Club Quattro


2008/3/21
Jimmy Eat World / Maritime
@Namba Hatch


2008/4/16
Foo Fighters
@ZEPP OSAKA


2008/5/3
Back Drop Bomb
@心斎橋Club Quattro

2008/5/30
Asian Dub Foundation
Very Special Guest:Tha Blue Herb
@なんばHatch

2008/8/9,10
Summersonic'08
舞洲サマーソニック大阪特設会場

2008/8/30,31
Rushball'08
泉大津フェニックス

2008/9/13
weezer Festival
インテックス大阪


2008/10/14
SLIPKNOT
ZEPP OSAKA

2008/12/5
Friendly Fires
OSAKA SOMA

2007
2007/01/12
My Chemical Romance
@IMP HALL

2007/03/15
MUSE
@ZEPP OSAKA


2007/03/22
The Sunshine Underground
@心斎橋Club Quattro

2007/03/31
Punkspring'07
@INTEX OSAKA

2007/04/01
Cornelius
@Namba Hatch

2007/07/27〜29
FUJI ROCK FESTIVAL'07
@苗場スキー場


2007/8/11〜12
Summersonic'07 Osaka
@舞洲サマーソニック特設会場


2007/10/21
Fountains of Wayne
@心斎橋Club Quattro


2007/11/07
Super Furry Animals
@心斎橋Club Quattro


2007/11/22
Underworld;
@Zepp Osaka


2007/12/12
Klaxons
@心斎橋Club Quattro


2007/12/14
髭(HiGE)
@BIG CAT
Weekly Artist Chart
Now Playing!
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVES
         
RECOMMEND
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
LINK
SPONSORED LINKS
     



Get Flash Player

DISC REVIEW INDEX



last-fm

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.